【空想科学祭2011】感想・レビュー掲示板

青文字=BLUE部門は辛口NG、赤文字=RED部門は辛口OKです。
作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなってください。


[951] 作者です。ご感想ありがとうございました! Name:unbelievable_kazoo 2011/10/04(火) 21:02
 改めてご挨拶させて頂きます。
 私、unbelievable_kazooと申します。話が下手なくせに話を始めると話が止まらなくなる、そんな男です。敬語が苦手です。頑張ります。
 今回、この小説を読んで下さった方々、さらに感想まで書いて下さった方々、本当にありがとうございました!
 まず初めに、数名の方から作中の残酷描写についてのご意見を頂きました。個別の返信では内容が被ってしまうため、その返信はまとめて行うことにさせて頂きます。何とぞご了承ください。

 残酷描写についてのご意見への返信

 残虐描写はなくてもよかった、という意見が数名の読者さまから寄せられました。これに対する返答は難しいです。あのシーンが無かった場合、その後ろの展開が多少なり変わってしまうのであれを取り外した場合どうなるか。違った展開を続けられたかもしれませんし、もしかしたら話が止まって最後まで書けなかったかもしれないからです。
 そう考えると難しいです。話の流れに乗って読み進める読者の手をいったん止まらせて何かを考えさせるために入れたシーンでもあったので、出来るだけ衝撃的なシーンを取り入れようとしたのですが、安易に残虐描写を使わない方が良かったかもしれません。もっと違う方法で試してみても良かったなあと今では思ったりもしますが、私の力ではあれが限界だったので、皆さまのご意見を素直に受け入れて反省し、今後の活動の参考にさせて頂きます。本当にありがとうございました。
 うーむ、やっぱり小説を書くって難しい……。

 以上です。うん、全くお答えになっていないかも。すみません。

 では次に、個別の感想に対する返信です。



 尚文産商堂様
 ご感想ありがとうございました。
 仮想現実にいる間に近眼手術というのはド近眼な私にとってすぐにでも実現してほしい夢です。レーシックというものもありますが、目をいじくられるなんて、いやだいやだイヤイヤイヤイヤ怖いよう……。
 取り乱してしまいました。申し訳ありません。
 仮想世界にいるあの蝶は私の中ではある程度意味づけされているのですが、ここで言うのは控えておきます。読者さまが考えて得た答えを尊重したいという思いが心のどこかにあるからです。作者の思いと読者の思いが一致することは、作者がしっかりと読者をその思いに繋がるまできちんと導かなければできないと私は考えており、そのため突然現れた蝶について読者が何かを考えるのは当然であり、同時に作者がその蝶について大した説明を加えていないのですから、蝶の意味は読者さまの想像に任せるしかないと私はそういう結論に至ってしまいます。
 と、何かわけの分からぬことを述べたように思います。簡単に述べると、「私は、読者のイメージを尊重したいなあ」ということです。ここで「イメージ」というカタカナ言葉に逃げてしまうのが何とも恥ずかしい限りですが、私の力で説明するとしたらこんな感じになります。
 長くなりました。ごめんなさい。
 感想を読むに、楽しんで頂けたようで良かったです。「自分の頭も脳内パンク寸前に」というお言葉から察するに、ちょいとしたリフレッシュが必要かと思いますので、素敵な病院をご紹介します。そこは大した説明もなくいきなり仮想世界に意識を飛ばし、そこでおかしなナースに出会える、まあ、疲れる病院です(笑)
 ご感想ありがとうございました!


 泰然寺 寂様
 ご感想ありがとうございました。
 眼圧を計る機械は子どもの頃の私にとって天敵でありました。プシュ。
 ナース<「あ、また目を瞑っちゃいましたねえ、もう一回ですねえ」
 うわーん!(声に出せない嘆き)

 文章の描写やキャラの立ちぐあいや、その他もろもろ誉めて下さりありがとうございます。感想を読んだときの私は嬉しさのあまり浮かれっぱなしでした。ミニ四駆の場面は特に読者に読んでほしい場面の一つだったので、そこを誉められるなんて、もう喜びまくりです。
 オチについては、やっぱり肩すかしを食らった感がありましたか。さんざん物語をかきまわして、そして最後は笑いで締めたかったのですが、私の力不足+体力不足です、はい、精進します。うーん、どうすればもっと良くなったのだろうかと、後で検討してみます。
 脳内〜、作中に出したのは無理やりでした(笑) どこかでタイトルと小説を結びつけたかったという願望が私をそうさせたようです。
 ご感想ありがとうございました!


 招夏様
 ご感想ありがとうございました。
 不思議な国のアリスにはやっぱり敵いませんでした。私の中で密かにアリスを超えてやる世界を描いてやる! という意気込みもあったのですが、うん、力不足でした。
 不思議な世界に入り込んでしまった気分になったのこと。ありがとうございます。読まれた方をそんな気分にする、というのも一つの目標でしたのでそれを聞いて目標は達成できたのかなと内心ほっとしました。
 脳内パンク寸前から脳内パンクしちゃった、にならないように心から願います。えーっと、すんごく安い病院を知っているのですが、もし脳内パンク寸前になりましたらそちらの病院をご紹介しましょうか? たぶん綺麗な女医さんにおかしなナースがいると思いますし、賑やかな病院なことは間違いないのですが(笑)
 ご感想ありがとうございました!


 栖坂月様
 ご感想ありがとうございました。
 話のアイデアを面白く味付けすることが上手いだなんて、なんてお言葉……、ありがとうございます。私としては、たぶん(以下敬称略)西原理恵子と清水義範の影響を強く受けているからだと思います。いつかあんな風に面白い本を作りたいなあ、なんて思ったり。
 ナースを気に入って貰えたようで良かったです。ナースも喜んでいるかと思います。いえ、喜んでいますね、ぜったいに。
 ヤモは、最後までどんなキャラで落ち着かせようか迷ったキャラでした。もう少しヤモについての設定を整えておくべきだったなあ、と今でも反省しています。確かに少し浮いてしまったのも事実で、気付いていらっしゃるかもしれませんが、それを隠すために最後に女医さんにも軽くはっちゃけてもらったんですが、やっぱりオチを整える方法があれしかなかった……。笑いで締めるのは当初からの予定だったんですけどね。うーん、難しい。
 よし、次はもっと頑張ろう! ファイトー、オー!
 面白かったという感想、ありがとうございます! アイデアに富んだ良作と言われて嬉しかったです。次はもっと楽しい作品を作れるよう頑張ります!
 ご感想本当にありがとうございました!


 84g様
 ご感想ありがとうございます。
 妙に引き込まれるとのご感想、ありがとうございます。タイトル通りということは、もしや脳内パンク寸前ですか? でしたら脳内爆発する前に、すんごく安い病院を知っていますのでそちらにご招待しますね。紹介状を病院に送っておきましたので、いつでもいいのでそちらへ足を運んでみて下さい。暖かいスタッフが快くお迎えして下さるかと思います。  冗談です、白けていたらすみません。
 情報と視点の逆転、仮想空間と実世界のフィードバックが見事と言って下さりありがとうございます。楽しんで頂けたようでなによりです。
 ご感想本当にありがとうございました!


 HAL.A様
 ご感想ありがとうございます。
 こんなにもたくさんのご意見を下さり何とお礼を言って良いやら。なるほど、そうなのか、と頷いては考えて、そして感謝するばかりです。素晴らしいクオリティとまで仰って下さるなんて……。本当にありがとうございます。
 読者に展開を読ませないように頑張ってみたので、読めなかったのは私としては良かったのですが、それだと読者そっちのけになってしまうのも事実で、HAL.Aさんの仰る通り、小説の冒頭で話の本筋や傾向みたいなものを漠然と読者に予感させられれば読者そっちのけも解消できてWin−Winの関係になれるのですが、うぎぎぎ、それってものすんごく難しい難しいし、はっきり予感させちゃうと読者に途中で飽きられちゃうし、うぎゃぎゃががが、つまりですねこうでこうであるべきでえええんえんえん。
 いかん、脳内ショート寸前しかけているいるぴょーん。ぐへへへへ。
 リセット、再起動。ウィーン。
 ヤモさんのことを気に入って貰えたようで良かったです。たぶんナースが焼きもちをやいていますね、きっと。うむ、伝言役のキャラのことまで誉めてくださり本当にありがとうございます。女医さんのことまで愛してくれて感謝感謝感謝です、謝謝。
 ……、駄目ですね。脳内おかしくなりました。病院に行ってきます。なんか新しく出来た病院があって(以下省略)
 (えーっと、白けていたらごめんなさい)
 ご感想本当にありがとうございました!


 菜宮 雪様
 ご感想ありがとうございます。
 ぐいぐい読ませる筆力に脱帽というお言葉を貰えてうれしかったです。この小説はとにかく、とにかく最後まで読ませたい! という思いを込めて創作していたので、その点を評価して下さり本当にありがとうございました。
 仮想世界の描写をもう少し減らせば、もっと読みやすくなるかもとのこと。なるほど、それは気が付きませんでした! 読みやすい小説を創るように心がけているので、そのご意見はとても参考になります。あとで読み返して、どこを減らせるか私なりに検討してみたいと思います。
 読まずにはいられない面白い作品だなんて、ああ、もう嬉しいかぎりです。脳内沸騰寸前です。惜しみない拍手まで頂けるなんて、本当に、ああ、もう何と言っていいやら!
 脳内沸騰寸前で、少々危ない私は、今からすんげえ安い病院に行ってきます。今朝、ポストにチラシが入っていて、なんでも新しく出来た病院で……。
 では、行ってきます。 ご感想本当にありがとうございました!


 鬼島津 義弘様
 ご感想ありがとうございます。
 はい、仰る通りで、現実と仮想の境界線を探ろうとした作品です。言われてみると確かに不思議というより不条理な世界ですね。私もご意見を頂いてそう思いました。
 キャラがいいとのこと。ありがとうございます! あのしつこいナースは隣にいられたら本当に迷惑な存在でしょうね。私にとっては出来るだけ遠くから眺めていたいキャラでした。主人公もよく彼女に着いていったものですよ、ええ。
 オチを想像されてしまったかー。私としてはオチまで展開が読めない小説を書きたかったので、そのご意見には悔しい限りです。うぎゃー。けれども、読後はスッキリとしてもらえたようで良かったです。また、読み易かったとのご意見は大変嬉しかったです。私としては小説を創る上で特にその点には気を使っていたので。
 新しい世界観に浸れて良かったとのご感想。ありがとうございます。でしたらその新しい世界に行ってみてはいかがでしょうか? 実は最近、日本のどこかに出来た新しい病院がありまして、なんとその病院、仮想世界に連れて行ってくれるとのこと! どうでしょう!? 今ならお安いらしいですよ、診察料が。しかもですね……
(冗談です、白けていたらごめんなさい)
 楽しんで貰えたようで良かったです! ご感想本当にありがとうございました!


 阿住悠亮様
 ご感想ありがとうございます。あと、へぇ〜ボタンありがとうございます!
 私もメガネなしの生活に憧れています。私、メガネ掛けないとヒゲも剃れないので、はい。(裸眼だと鏡にうつる自分の顔がぼやけて見えない……)
「安さに釣られて〜ってのは、概ね同意したけど………ここは突っ込んではダメなのかな。」というご意見について。いえいえ、突っ込んでOKです。そこまで考えてくださりありがとうございます。実はその点のつじつまを合わせるための設定も考えていたのですが、あえて書かないことに致しました。そちらの方が読者さまにもっと楽しんでもらえるかと思ったからです。わがままな話、私は、この小説を読んだ方が考えれば考えるほどおかしな点にいくつか気付いていき、そして余計にこの小説の内容がこんがらがってしまい深みにはまっていって抜け出せなくなってしまうという、そんな期待を若干含めて創りました。その試みが成功したのか失敗したのか私には分かりませんけどね。
 でも、ミニ四駆とメモのエピソードに若干の違和感があったのは、たんに私の力不足です。確かに彼女が普通と違うという点をいくらかでも情報を小出しにしていたら、若干変わっていたかもしれません。貴重なご意見ありがとうございました。
 会話文のナチュラル感がいいと誉めて下さりありがとうございます。そのようなお言葉を頂いたのは初めてです。嬉しい限りです。
 ご感想本当にありがとうございました!


 キルグサ様
 ご感想ありがとうございます。
 一気に読み進んでしまったとのこと。ありがとうございます。会話や思い出、アイデアがとても素晴らしく面白いと評価して下さったことは、作者として喜ぶばかりです。やった、やったあ、とパソコンの前でガッツポーズしてしまいそうです。いや、しました。
 仮想世界のナースが電話でもう一度登場するのは少しくどいと感じたとのご意見。うーむ、そうですか。確かに主人公よりあのくどいナースの方が目立ってしまった感がありますし、くどいと言われればくどいかも。他の方の感想で「しつこいナース」と言われていたからなあ。うーん、何とも言えません、ごめんなさい。また違う展開の進め方も考えればあったかもしれないし、でもあれが私の限界だったしなあ。難しい。
 感想を読むに、全体的になんとなく楽しんでもらえたようなので正直ほっとしています。
 では、失礼します。ご感想ありがとうございました!


 饅頭は馬にのる様
 飛べます、飛べます、存分に空飛んじゃって下さい(笑)
 ご感想ありがとうございます。楽しんで貰えたようでなによりです。押し強いナースさんに引っ張られ、そして和んで頂けたようで良かったです。
「何やってんだかなあ」感を感じてしまいましたか……。私の力不足です。ごめんなさい。それでも最後まで楽しんでもらえたのなら、私としてはもう十分満足です。
 おもちゃ箱ですか……。なるほど。
 では、次はびっくり箱でも創りますかね。
 そうと決まれば話は早い。さっそくびっくり箱の材料を貰いに行ってきます。
 どこへって? もちろん、あの病院です。あなたもご存じのあの病院に行ってきます。
 実は、私も空を飛べるんですよ。お空自由に飛んできますねー。お先に行ってきまーす。
 では、失礼します。ご感想本当にありがとうございました!


 藤咲一様
 まず初めに、誤字訂正の方、ありがとうございました。あれは方言ではありません。私の単なるミスです。報告して下さり、誠にありがとうございました。
 小説を楽しんでもらえたようでなによりです。感想を読むに、小説に書かれていないことまで想像して楽しんでくれたようで、書いた私としては嬉しい限りです。
 確かに主人公からしちゃあ、なんてハタ迷惑なことをしてくれてんだ、って感じですね。いったいヤモは何をしてそこまで手の込んだことをしてくれとんじゃあ、と私も思ってしまったり。だから、これを書いていた私もオチの付け方にはたいそう頭を悩ませました。ええ、本当に。書き終わって本当に疲れていました(笑)
 そのオチを楽しんで頂けたかどうかは感想を読むに見当がつきませんが、もし楽しんで頂けたのなら幸いです。
 これからも頑張りますよ、もちろん。ただ、この企画のおかげでたいそう頭を酷使してしまったために、これから多少のリフレッシュが必要なようです。なので今から病院に行ってきます。ええ、あなたも知ってしまったあのおかしなナースに出会うであろうあの病院です。仮想世界でゆったりとバカンスをしてきます、行ってきます。
 ご感想本当にありがとうございました!


 伊予丸 研様
 ご感想ありがとうございます。
 はい、すごい狭い話です。アイデア重視の小説のために、舞台装置は最小限にしました。それでも世界の広がりを感じて頂けたのなら幸いです。
 ああ、後半から中だるみしているように感じてしまいましたか。ごめんなさい。私の力不足です。それでも最後まで読んで下さりありがとうございました。
 爽やかなオチを目指したつもりでしたが、やはり肩すかしをくらった印象になってしまったようで……。もう少し考えるべきだったと反省しております。
 正直なご感想ありがとうございました。素直に受け止めてこれからも精進致します。
 では、今から病院に行ってきます。脳内改造&強化のためであります。パワーアップした私の次回作にご期待ください! では、失礼します。


 個人の感想への返信は以上です。

 最後になりましたが、皆さまのお言葉を励みに、これからも頑張っていきたいと思います。こんなにも多くの感想を頂けるなんて、本当に嬉しかったです。本当にありがとうございました!


スレッド記事表示 No.394 【RED】「脳内パンク寸前」unbelievable_kazoo  空想科学祭実行委員会 2011/09/03(土) 20:55 [ 返信 ]
   ┣No.454 RE:【RED】「脳内パンク寸前」unbelievable_kazoo 尚文産商堂 2011/09/05(月) 11:02
   ┣No.470 RE:【RED】「脳内パンク寸前」unbelievable_kazoo 泰然寺 寂 2011/09/06(火) 00:27
   ┣No.566 不思議な世界 招夏 2011/09/09(金) 23:02
   ┣No.642 慌しくも緻密 栖坂月 2011/09/14(水) 09:58
   ┣No.655 RE:【RED】「脳内パンク寸前」unbelievable_kazoo 84g 2011/09/14(水) 22:52
   ┣No.700 【少し辛口】感想です【ネタバレあり】 HAL.A 2011/09/17(土) 16:09
   ┣No.701 【辛口】なんとも不思議な 菜宮 雪 2011/09/17(土) 17:50
   ┣No.752 RE:【RED】「脳内パンク寸前」unbelievable_kazoo 鬼島津 義弘 2011/09/22(木) 02:51
   ┣No.754 【辛口】眼科、そろそろいかないとなぁ〜 阿住悠亮 2011/09/22(木) 05:01
   ┣No.807 「脳内パンク寸前」の感想、辛口です キルグサ 2011/09/27(火) 00:56
   ┣No.833 タイトルが流行語にならないか【感想】ひと言ちょいです  饅頭は馬にのる 2011/09/29(木) 05:29
   ┣No.847 「脳内パンク寸前」 藤咲一 2011/09/30(金) 00:10
   ┣No.856 【辛口】感想 伊予丸 研 2011/09/30(金) 02:52
   ┗No.951 作者です。ご感想ありがとうございました! unbelievable_kazoo 2011/10/04(火) 21:02

  




無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace