【空想科学祭2011】感想・レビュー掲示板

青文字=BLUE部門は辛口NG、赤文字=RED部門は辛口OKです。
作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなってください。


[949] 参加することに意義を見いだし4年目が終わって(執筆感想) Name:じょーもん 2011/10/04(火) 16:14
普段、書いても書いても、感想など、里山のマツタケよりも珍しいじょーもんでございます。本当に、これだけ一気に感想をいただける機会は滅多にありませんので、感涙にむせんでおります。また、チャットで、ツイッターで率直な感想や、校正爆弾などというご配慮をいただきました皆さま、本当にありがとうございました。
(まだ直しきれてません、すみませんm(__)m がんばります)

こんなステキな機会を提供するために、本当にいろいろな御苦労をされたと思います主催の天崎さま、本当にありがとうございます。たくさんの感謝を込めまして、気持ちよく祭りが終わった感をしみじみと味わっているところでございます。

さて、今回は実はK氏による「海洋SFを読みたい〜」という、なんとも魅力的な発言に調子をこいて、一から妄想を開始。多分、祭り告知の一月ぐらい前だったんじゃないでしょうか。最初は深海を舞台に、深海の変な生き物との交流(ぱよぱよは出来ません)でも書こうかと、適当に資料集めをしだしたんですが、深海っちゅうところは海よりも、陸の生き物にとって過酷な世界だっちゅうことがしみじみと分かりまして挫折。

じゃあ、前から書きたかった軌道エレベータ建築に向けて、奮闘する人達とマンライクな知能を持った海棲哺乳類との協働なんて、未来的なシチュエーションを考えて、イルカとクジラについて、相応しい相方を調べまして、まあ月並みにバンドウかカマイルカあたりを考えたんですが、やっぱり連中は、食物連鎖の頂点に立つ程の強者じゃないんですねぇ。というわけで、やっとこれか、と思ったのがオルカというかシャチ。それも海獣を捕食しながら、1〜3頭でタフガイ的に生きる連中ではなく、メスを中心とした家族と定住し、家族単位の群れどうしも交流しあい、大きな社会を営む魚食(フィッシュイーター)のやつに決めたのが、多分、告知があった辺り(=。=; 

そこからオルカの本を読みまくりまして、いや、私もオルカのショーは好きでしたけどね、こんなにオモシロイ連中だとは思いませんで、すっかり連中の虜になってしまいました。

だけどどう考えても、現在の流れの先に乗せる世界として構築するとなると、彼らとヒトを自由に会話し、交流するという関係にするには無理がある。そこで、考えたのが、ミズタマの落ちであります、結局章タイトルからも剥がれ落ちた、「ダブルブレイン」という発想でした。いや、これでいくしかないと思ったものの、祭りは明るく楽しくという個人的シバリを持っていた身には、これでいくかどうか悩んだものでありました。

でも、やっぱりオルカとしての知性をもった脳と、人の知性の脳というものを、上手く融合させる技術ができるとは考えられず、こんな確信がない状態でSFにしていいもんかどうか、やっぱりけっこう長く悩みました(2週間ぐらい?w)。というわけで、遠音や慎吾のように、そうだろうという確信はもつものの、明確な回答は知らないという、とんでもない立場で執筆に掛かるという…。何という見切り発車でしょう〜。三人称の小説の神様は、作者じゃないのかよ〜。(←阿呆だ)

こんな状態でしたので、ストーリーラインをどこに落ち着けるかというと、じゃあ中絶胎児の再利用を知らぬままにされた側と、自覚ないままに細工させられていた側の「メロドラマしかねーだろ〜」というわけで、今回のような場所に物語のキモが行くことになったというわけでございます。
これも書いている途中で、遠音というキャラが、結構しっかりと自分を持っている人だったので、再利用できる程度の障害を持った我が子を、中絶することはないだろうということで、軌道修正をかけましたので、ここでも激しく軸がブレておりまする。
返す返すも未熟な作品ですが、まあ、3年前の途中で断念、劇場版行きという失態を考えますと、まあ、うまく誤魔化したなと、己の姑息さに苦笑をしているところです。

ともかく、メロウな大人の、しっとりストーリーであれば、それを流しだしたら、SF臭たっぷりの設定語りを挟んで、流れを壊すのは野暮だろうと愚考しまして、前半にそういうものを考えなしにぶっこんで見ようと考えた次第でございます。
これが成功だったかどうかというと、まあ多分、やり方としては完全に拙かったのだろうと思います。もうちょっと、設定を読むこと自体に、エンタメというものを意識しないといけないし、やりようはもうちょっとあったのではないかと、反省しております。

まあ、幾つになっても反省しつつ、次ではもっといいものを、と目指せるというのは、楽しいことですので、これは拙いながらも、いい教訓として、この形で、誤字修正程度でネットにさらしていこうと思っております。
ただ、かのK氏から、日常の中で魔が差したようにやってくる殺意の深い闇を表現するのには、思いがけなさより、親密性だろうという示唆があり、それももっともだと考えるところもありますので補足の意味で、単発エピソードとして、凪さんと慎吾、凪さんと爽や、爽と慎吾、慎吾と遠音の過去話を書くかもしれません。まあ、かけてないうちに、来年になってそうな気もしますけど、まあ、一応。

というわけで、今回の反省としては、やっぱりもうちょっと考えて、書こうや〜というところでしょうか。

自己満足として自分にあげる皆勤賞と、皆さまからの感想への感謝で、幸せに2011の祭りを終わりたいと思います。

今回の特に中・長編は、ブルー、レッドともに力作揃いで、長編読みとしては充分堪能できました。本当に素晴らしい作品をネットでただ読みできて、幸せです〜。ありがとうございました。また、主催サマの気力の続くかぎり開催されるでしょう、次の祭りでお会いしましょう♪


スレッド記事表示 No.382 【RED】「みず☆たま」じょーもん  空想科学祭実行委員会 2011/09/02(金) 18:03 [ 返信 ]
   ┣No.483 RE:【RED】「みず☆たま」じょーもん 尚文産商堂 2011/09/06(火) 22:32
   ┣No.585 感想(ネタバレがっつり要注意)「みず☆たま」じょーもん 甘口でも辛口でもなく減らず口 2011/09/11(日) 03:55
   ┣No.632 劇場版はナシの方向で 栖坂月 2011/09/13(火) 14:04
   ┣No.654 【辛口なのか】感想 四十万 2011/09/14(水) 22:31
   ┣No.704 RE:【RED】「みず☆たま」じょーもん 鬼島津 義弘 2011/09/18(日) 02:43
   ┣No.716 みずみずした世界 招夏 2011/09/19(月) 19:35
   ┣No.729 先を知る必要はない【感想】ひと言ちょいでねえよです※ネタばれ 饅頭は馬にのる 2011/09/21(水) 06:22
   ┣No.761 【少し辛口】感想です【ネタバレあり】 HAL.A 2011/09/22(木) 21:48
   ┣No.771 RE:【RED】「みず☆たま」じょーもん 早川みつき 2011/09/23(金) 01:07
   ┣No.810 【辛口】感想 伊予丸 研 2011/09/27(火) 12:48
   ┣No.812 「みず・たま」か「み・ず・た・ま」だったらな… 阿住悠亮 2011/09/27(火) 22:27
   ┣No.850 【辛口】「みず☆たま」じょーもん 藤咲一 2011/09/30(金) 00:16
   ┣No.949 参加することに意義を見いだし4年目が終わって(執筆感想) じょーもん 2011/10/04(火) 16:14
   ┣No.950 感想御礼 (個別レス) じょーもん 2011/10/04(火) 16:15
   ┗No.955 感想御礼(追加) じょーもん 2011/10/05(水) 01:44

  




無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace