【空想科学祭2011】感想・レビュー掲示板

青文字=BLUE部門は辛口NG、赤文字=RED部門は辛口OKです。
作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなってください。


[255] 【BLUE】「ナイトメア」桂まゆ Name:空想科学祭実行委員会 2011/08/15(月) 00:19 [ 返信 ]
【題名】ナイトメア
【あらすじ】
ナイトメア=睡眠障害のひとつ。ストレス社会の象徴と言うべき症例。慢性的な精神的疾患である。他の症例と異なるのは、精神疾患であるに関わらず、「感染」の可能性がある。症例によっては、大流行の危惧もある」
 十年ぶりに、発症した事例。大流行をくい止めるべく、『夢喰い』と呼ばれる特殊能力者たちは奔走する!
【名前】桂まゆ
【区分】中編(完結済)
【URL】http://ncode.syosetu.com/n8138v/



[439] 感想です Name:HAL.A 2011/09/04(日) 20:35
 拝読しました。
 とても面白かったです。それほど長い作品ではないのに、読みごたえたっぷりでした。
「説明ではなく描写を」というのが徹底されていて、飽きさせない展開が積み重ねられている。
 回収されていく伏線の気持ちよさ、美しい文章で綴られる雰囲気たっぷりの描写に、活き活きしたキャラクター。
 最初から最後まで、楽しく読ませていただきました。ありがとうございました!

[582] 夢世界で【感想】ひと言ちょいです  Name:饅頭は馬にのる 2011/09/11(日) 01:35
ちょい感想です。こんにちは。
作家様のいい所の持ち味が発揮されたように思いました。去年のリベンジ、プロローグに入る前に笑いながら。和風テイストもあって、雰囲気がとてもあり、読む感触がとても良です。
途中であれ、これって中編だったっけ〜☆と思ってしまうような、するすると読める読みやすさでした。夢って、漠然としながらも、何処かでは科学的でもあり、恐怖でもあり、自由でもあり、色んな可能性を秘めている事柄でもあるんですよね。まあ解釈何でもありなんですけど、だがそれを扱うにも扱いが難しい。
その掴みきれない「夢」を上手くバランスよく使えているなあと思いました。名前もたくさん出てくるのですが、全然気にならなかったですね。とにかくエピローグまで雰囲気壊すことなく楽しめました。面白かったです。書く、ではなくて「描く」、表現の世界の作品でした。
それでは、おつかれ様でした☆


[646] 感想 Name:伊予丸 研 2011/09/14(水) 14:46
一度読んだだけの感想です。よろしく。
纏まった、好感が持てた作品。細かくはそりゃ、指摘はあるが、ここはブルー。
難なく想像できてきちっと締めた終わりには好印象。雰囲気がいいというのが一番の感想だろうな。主人公と天使の姉さんとのやり取りが多く楽しめた。現実と夢との曖昧さ加減も、これぐらいでいいんじゃないかと思う。欲をいえばちょっと展開が急な所が……おっと。

これで以上。


[661] 夢と現実の狭間、のような Name:阿住悠亮 2011/09/15(木) 19:05
 能力者と能力の暴走、と言ったらいいのか、分かり易いような、でも描きにくそうなものをササッと仕上げたな、と思う。
 とにかく登場人物が生き生きとしていて、よかった。多少描写不足ではと思う展もあったが、彼らが夢の世界を動き回っている、また、夢か現実化わからぬような状態になってしまっていると思えば、納得できる程度だ。
 ジェシカを天使だと言っていた当たりは、本当ならもっと書き込むつもりだったのだろうか。二人の過去に何があったのか気になるが、あまり書き込みすぎても物語の雰囲気を壊しそうなので、これくらいが妥当なのかも知れない。
 読みやすく、読了まであっという間だった。面白かった。


[665] RE:【BLUE】「ナイトメア」桂まゆ Name:尚文産商堂 2011/09/15(木) 21:48
夢科学は、さまざまな形で行われていますが、このようなアプローチというのも面白いと思います。

お疲れ様でした。

[673] RE:【BLUE】「ナイトメア」桂まゆ Name:早川みつき 2011/09/16(金) 17:02
拝読しましたので、感想を記させていただきます。

「夢喰い」の設定が興味深く、主人公のナイトメアとの対決まで目を離せない展開で、一気に読了しました。
ナイーブな主人公と、ときに厳しくもあたたかく見守るジェシカさんの距離感が絶妙でした。
ジェシカさんのような先輩がいる職場っていいな〜と主人公に嫉妬。

楽しい読書の時間をありがとうございました!

[687] RE:【BLUE】「ナイトメア」桂まゆ Name:イル&クラムジー 2011/09/16(金) 23:06
ものすごく面白かったのに感想が書きづらかった作品。
場面場面に誘い込まれるように惹きこまれて、理屈抜きで最後まで味わった感覚。登場人物もそれぞれに魅力的でした。
エピローグに私もしばし夢を見たくなりました。


[723] サラリサラサラ Name:栖坂月 2011/09/20(火) 16:17
安定した文章力で描かれた夢にまつわる過去と現在、物語としての魅力は高かったと感じました。
中編ということでしたが、実に読みやすく展開も変化に富んでいたことから一気に読み終えてしまいました。この辺りは技術的な土台がしっかりしているお陰ではないでしょうか。
設定がSFというよりはややファンタジックなイメージでしたが、溢れる現実感が幻想的な雰囲気を押し止めていたように思います。
楽しませていただきました。


[957] 先ずは、言い訳 Name:桂まゆ 2011/10/05(水) 20:57
物語を書く者として、「言い訳」が如何に見苦しいものであるかは、解っているつもりです。
解っていて、書いています。これを人は、確信犯と言います。

最初から最後まで、私の脳裏の片隅にあったのは「落とせない」という単語でありました。
作者的には、落とせない。
それなのに、躊躇すると動きを止める主人公。いつもなら、その肩をとんと押すぐらいだったでしょう。
しかし、主人公の成長に気長につき合っている暇は、私にはなかった!(きっぱり)
ともすれば、立ち止まろうとする主人公の手を取り、全力疾走した作品であることは、間違いありません。
「ちったあSFらしいものを書けよ」と自分を叱咤しながらも、ま、所詮ファンタジー畑の人間です。BLUEという舞台をいただけ、作品を発表出来て良かったと、主催者様に感謝です。

さて。
私は、自分の作品にポリシーを持っているつもりはありませんが、「ジェシカ」を描きながら、苦笑してしまったものです。
自覚は、とっくにありましたとも。
「なんでうちの作品の女性キャラは、気ぃ強い娘ばっかりなんやろ」
自覚はあって、たまにはか弱い女性キャラを出そうと思いつつ、生まれたのがジェシカだった。ええ、書きながら苦笑の連続でしたよ。
時間がなかってんから、しゃーないがな。

時間が足りない。でも、ギリギリまで粘るのは去年で懲りている。
主人公の手を引き、ジェシカの強気に助けられ、ようやっと、完走。

そんな作品でした。
それでも、書いている時、本人はタイムアウトのスリルを味わいながらも楽しかった。
だから、読んで下さっている方も、少しでも楽しんで頂ければ良いなと、全く心に余裕がなくても思っていました。

ですので、読んで下さった方、感想まで頂いた方に、改めて感謝です。

ありがとうございました。


[958] 感想をありがとうございました。 Name:桂まゆ 2011/10/05(水) 21:53
以下、個別レスです。

>HAL.Aさま
感想をありがとうございました。
主人公の手を引いて完走のロープを切った直後、「本当に面白い作品が描けた」自信はありませんでした。
読者を置き去りにする愚は犯さなかったつもりです。でも、書ききった後に「大丈夫かな?」と不安になる。
最初に、HAL.Aさまに感想をいただき、おせじでも「面白かった」と言っていただけて、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

>饅頭は馬にのるさま
>去年のリベンジ
参加すると決めたからには、ソコは絶対に外せません!
逆に、力が入っていたのはソコだけで、後は流れに任せっぱなしでしたが。(自爆)
>雰囲気がある。
それは、私にとって最大の賛辞なので……すごく照れてしまいました。
あ、HALさまもそう書いてくれてる!
嬉しい限りです。本当にありがとうございました。
「描く」って素敵な表現ですよね。これからも、「描く」作品を書いて行きたいと思いました。

>伊予丸 研さま
感想をありがとうございました。
これは、SFとは呼べない。ある意味BLUEらしい作品に、仕上げているつもりです。(それしか書けないとも言う)
急展開は、ご愛敬。
全力疾走していた本人としましては、「これぐらい」が難しいあたりですが、これぐらいで良いと言っていただけ、ほっとしました。ありがとうございました。

>阿住悠亮さま
>夢と現実の狭間
それを書きたかった作品でした。
でも、ちょっとはSFらしく(笑)
主人公と「ジェシカ」の過去は、確かに「書きすぎたら説明っぽくなるなぁ」と端折った筈です。
このあたりは、もう感覚でやっているので、何が正解かは解りませんね。
これからも、このあたりは私の課題になりそうです。
改めて、ありがとうございました。

>尚文産商堂さま
フロイトは夢を語り続けます。
身近で、奥深い。
そんな夢の世界を未熟な私が描いてみました。読んでいただき、ありがとうございました。

>早川みつきさま
「ジェシカ」を気に入っていただけ、もう恐縮次第です。
我ながら「なんでこんなに強気なんやろ」とうらめやましく思っている登場人物ですから(自爆)
早川さまに後押しをされ、私は、これからも、気の強い女性キャラを描いて行くことでしょう。(笑)
ありがとうございました。

>イル&クラムジーさま
面白かったと言っていただけ、ありがとうございました。
感想書きづらい? ……え? そんなオーラ出てますか?(どきどき)
私には、ひとつの口癖があります。
「おやすみなさい」の後に「良い夢を」と続けてしまう口癖。
これが、すごい好きなんで、そのシーンをラストに入れてみました。
なので、もう一度。
良い夢を。(照)

>栖坂月さま
お読みいただき、ありがとうございました。
全力疾走しました。そして、ファンタジー畑の人間が書いた物語であります。
まぁ、推敲とかしていないし、途中から完全ファンタジーであることは本人が一番解っています。
それでも、現実感を評価して頂き、またお世辞にも「楽しんでいただけた」と
本当に、ありがとうございました。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace