【空想科学祭2011】感想・レビュー掲示板

青文字=BLUE部門は辛口NG、赤文字=RED部門は辛口OKです。
作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなってください。


[16] 【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:空想科学祭実行委員会 2011/08/01(月) 01:46 [ 返信 ]
【題名】猫を預けに
【あらすじ】
歴史は重ねられ、技術は進歩した。しかし、人類は愚かにも戦争を止められないでいた。資源を求めて地球と宇宙との間で続けられる戦争。そして、遠距離型レーザー砲を備えた人工衛星に配属される前日、私は友人に飼っていた猫を預けに行くのだった。
【名前】山羊ノ宮
【区分】掌編
【URL】http://ncode.syosetu.com/n3906v/



[23] 【辛口】世界観と人間の関わり Name:戯独堂 2011/08/01(月) 12:47
空気感の演出が上手い作品だ。
友人たちの微妙な変化、そして変化のないところ。変化しつつも会えば笑顔で話し合える関係。これは、(手を伸ばしても届かない場合もあるが)実に普遍的な風景だ。さらに、そんな平穏の中にあっても人は猫を捨て、遠いどこかで戦争をしている。普遍的な風景だ。
恐らく作者は、テクノロジーが進歩してもなお、愚かで愛すべき存在でしかない人間を描きたかったのだろうと推察する。

しかしながら、筆者が取り上げたい疑義は、まさにこの「普遍」にある。
この作品の中に描かれている「普遍」が、あまりに現代と同じではあるまいか。
いかに人間が普遍的な存在であったとしても、やはりテクノロジーは進歩し、そのテクノロジーに人間の心象風景は影響を受けている。だが、この世界に生きる人たちはオーバーテクノロジーの世界にありながら、我々とまったく同じ価値基準に生きているように思えてならない。変な話、この作品からSF的なガジェットを抜いて現代ものとしてリライトしても違和感がないだろう。

世界観と人間との関わりを煮詰めてくれていたとしたら、もっと面白い作品になったろうと残念なのだ。

……辛口、失礼しました。

[24] 感想入れさせて頂きます Name:魔法の曖乱堂 2011/08/01(月) 13:10
魔法の曖乱堂、編集部の平です。タイラでヒラでもヘイでもありません。私はRED部門で気に入ったり気になったりした作品に感想を付けさせて頂きます。
さて、その第一弾として、この作品を選ばせて頂きました。
正直に申しますと、私、戸惑っております。
私には題名になった猫も、主人公の職場である人工衛星も遠距離型レーザー砲もそして登場人物も、主題足り得ず、混沌としたまま一つの箱に納まっている、
そう見えたのです。
もちろん、あのエヴァンゲリオンのように日常生活の中で戦闘が行われている、そういう日常風景を切り取りたかったのだとは思います。
でもそれだけだと、どうも余計な情報が詰め込まれ過ぎているんですよね。つまり伏線の様なものが見えているんです。長編のプロローグに見えるんですよね。
作品自体は箱に納まっている。決してはみ出してはいません。これは作者の筆力を示します。それでいて、どうもうまく積み上がっていないように見える。これは構成力です。
かと言って、ひとつを外すとばらばらになるでもなく、そうであればそれはそれで楽しいのですが、納まりが悪いのに崩れもしない、そんな感じなのです。
どうも言っている本人も混乱してしまったようです。
なんか惜しかったなあ、と思うのです。
ほんとに締まらない感想でごめんなさい。こりゃ副編集長に怒られるなぁ。ではまたー。


[49] 【辛口】「猫を預けに」 Name:藤咲一 2011/08/02(火) 02:14
お久しぶりです。藤咲一です。
企画執筆お疲れ様でした。
と、挨拶は程々に、〈RED〉部門の企画作品を覗かせていただいたので、簡単な感想を……

少し物足りないかなぁ。それが一等に来ます。
別に、こういった構成が悪いと言う訳ではないのですが、インパクトが足りないかなぁと。
盛り上げる部分と言えば良いでしょうか、タイトルから、猫を預けに行く場面が主であり、ラストの戦闘シーンは余韻であると思います。
なら、戦争の中、ここでクローズアップされるべきなのは、平凡平和な世界が大切なものであると認識させるだけの主人公の描写じゃないかなぁと。
ですから、竹部の所へ集まる場面だけではなく、平和ではない世界を序盤でもっとくっきり見せて欲しかったかなぁというのが、個人的な意見です。
なんてことを書いていますが、自分の事を棚に上げている私ですから、適当に流して下さい。
あと、誤字関係
PDF8ページ、五木。五樹

と、以上が私の感想です。
好き勝手な感想すいません。
これからも頑張ってください。
藤咲一でした。

[69] RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:泰然寺 寂 2011/08/02(火) 20:46
 ただ日常風景を切り取った作品なのかなと思っていたら、最後に戦争のシーンが入っていたのでよかったです。自身を含め日常だけを切り取って満足してしまう人間が多い(のかどうかは統計がないのでわかんないですが)中、丁寧に作ってあるなと思いました。
 ただ、タイトルが話にあんまり関係なかったこと、友人の性格説明と実際の描写が釣り合っていないように思えること(年を経て変ったみたいな描写もなかったので)、夢を諦め従軍整備士になった主人公の胸中が他の人物の描写に食われてしまいなかったこと。これらが不満といえば不満でした。

[97] 【辛口】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:84g 2011/08/03(水) 13:17
 これ、何でしょう?
 キャラクターの会話のシーンはいい、立体感のあるキャラクター、生活感がよく出ていると思います。
 だけど、それ以外に感想が描けない。
 面白いとも感じないし、続きが読みたいとも思えない。
 広いようでとても狭い世界観、魅力的なようで際立ってはいないキャラクター、上手いようでも記憶に残るわけでもないシーン…。

 山羊ノ宮さんは上手いとは思いますが、上手いだけではしょうがない、という感じ。


[104] らしい作品、ではある Name:栖坂月 2011/08/03(水) 15:41
皆さん辛口だなぁ(笑)
私はこの作者さんを結構良く知ってます。それ故、単発での善し悪しとは違った感想になるやもしれませんが、ご容赦を。
戯独道さんが指摘してますが、空気感の作り方はやはり上手いですね。世界というか、世の中にすんなりと入っていける文章の巧さはさすがです。読みやすく、すんなりと読了ができる。これも魅力でしょう。
実はこの作品を読んでいる時、あぁ色々やろうしているなぁ、なんて思いながら読んでいました。いつもの山羊ノ宮さんの作品はもう少しシンプルですし、一つのテーマをサラリと描くスタイルです。だから、わらわらとキャラが増えていった時、特に最後の有紀が出てきた時、そんなに必要ない気がするなぁなんて思ってしまいました。竹部とのやり取りだけの方が、綺麗に収まったように思えたというのが素直な感想です。
基本的に短く締めることをスタイルとしている方ですから、文字制限に合わせて長くしなければという思いが強すぎたのかなぁと、少々邪推いたしました。
個人的には、最後の戦争シーンが静かでありながら現場を描いているという感じで良かったと思います。
ともかく慣れない企画作品、ご苦労様でした。


[207] 【辛口】感想 Name:伊予丸 研 2011/08/11(木) 02:38
感想殺しだ。
一度読んだだけの感想です。よろしく。

シンプル・イズ・ザ・ベスト、それが思い知れる。無駄が無い型になってしまっているので感想が思い浮かばない。その意味での「綺麗」な体系、ストーリーなのだろう。
面白い又は面白くないと言うこともこちらは出来ずに置かれた、という所で不満である。
読者はどこに目を付ければいいのか。それは最後に終着するように語られるのだが、それ以外は無いのか。一つしか無い答えを選ばなくてはならないようで、まるでテストを受ける生徒のような気分になる。だがまあ、辛口並べているが、内容はいい。いいのだが、「いい」以外に何も出てこない。
全く、口惜しい佳編、又は秀作である。以上だ。


[209] 【辛口】タイトルにしたのだったら Name:阿住悠亮 2011/08/11(木) 17:28
 もっと猫を使って欲しかったな。別に猫がいなくても成り立つじゃん、大切な写真を預けに行った、植物の世話頼んだ、なんでもいいわけだ。「猫を」とタイトルに入れた→猫がたっぷり出てくる!……という期待を裏切られた感。トラウマの件もちょっと薄い。もっともっと猫に重点を置くらいでないと、物語の小道具としての猫が浮き出てこない。
 それはさておき、物語自体は実に淡々と、文句なく流れていく。文章の綴り方や台詞の置き方に無理もないし、書き慣れているのがわかる。ストレスなく読めるのは、読者には嬉しいことだ。
 だが、やはり何に主題を置いたのかというのが最終的に残りにくい構成のような気がする。緊迫した場面で締まるわけだが、その場面さえ、なんだかぼんやりと霞んでしまっている。
 詰め込みすぎという意見もあったが、確かにそんな気がする。切り取るならバチッと切り取る、捨てるもんはバッサリ捨てるくらいの覚悟で行かないと、読者からは「纏まってないような作品」に見えてしまう。
 そうだなぁ、あと、他に指摘してる人がいないみたいだからちょっと気になった点を。文章の巧さに誤魔化されて気付かないかも知れないけれど、実はものすごく描写が足りない。立ち話してるのか、ロビーって言ってもどんなとこなのか。周りには他に誰もいない空間で、突然親友だけが現れるような、変な錯覚があった。未来だというけれども、一体どのくらい進んだ未来なのか、宇宙戦争やら遠距離型レーザー砲だけじゃわからない。「現代とは違う世界」と認識して欲しいなら、もっとそれらしいガジェットを詰め込まなきゃならない。……と、自分もそう言われた過去があるので指摘しておく。
 いろんな意味で、惜しい作品、だった。


[239] 【辛口】感想ひと言ちょいです  Name:饅頭は馬にのる 2011/08/14(日) 01:26
ちょい感想です。こんにちは。
うーん。良し悪しではない類の作品でしょうかね。これは言葉が出てこず困った。グウの何とやらです。強いて言えば、冒頭で主人公が夢破れて軍属の整備士になるまでの経緯がいきなりすっ飛んだなーと思った所ぐらいでしょうか。それまでに竹部との経緯が導入で書かれており、夢破れたのはハテ何でじゃろ…と読了ででも気にはなってしまいました。勿論、人間なのですから何かがあって転向したのは様々に考えられます。考えられすぎるので、軽く単にでも書いては欲しかったかな、と。些細なことですが。
折角お上手にご執筆されているのですから、読者に何処かで「面白い」と一点に思わせる作品を、と思うのが本音です。失礼しました。

それでは感想でした。ご執筆おつかれ様です☆


[269] 【辛口】もっともふもふを Name:ロメル 2011/08/16(火) 18:19
猫を預けてそれで?ってのが最初の印象。
今ひとつ盛り上がりに欠ける感じだが、背景は見事に描かれている。


[437] 面白かったにゃん! Name:ネコにゃん 2011/09/04(日) 19:29
にゃにゃ〜ん!!!
読者のみなしゃん、読み込みが甘いにゃん!
この小説は、作品全体があるひとつのメタファーになっているにゃんよ!
それは知らぬ間に踏み越えてしまう日常と非日常の境界、すなわち戦争と平和にゃん!
トラウマのある主人公が猫を拾って育てていた。高校時代のかけがえのない親友たちが昔と変わらぬ表情で一堂に会した後、すぐにまたそれぞれの世界へ散ってゆく。そうした無常と変遷のはざまでゆれ動く主人公の心の葛藤を、作者お得意のクールでありながら温かい文体で見事に書き綴っているにゃん!
至極真っ当なテーマ性のもとに良く作り込まれた作品だと、ネコにゃん太鼓判を押すんだじょ (*´д`*)


[540] RE:【辛口】【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:Mr.あいう 2011/09/08(木) 20:52
造られた世界観のその肌を撫でるように読み進め、結局深く理解できること無く終わってしまった感じでしょうか。
柔らかい日常と、その対比としての戦場。
それは分かるのですが、真っ当過ぎて読者としてはもう一つ、何かを期待するんですよね。
SFとして楽しむにはややスパイスが足りない気が致します。
それでも人物達とその描写は優しく確かで、面白く読ませてもらいました。

[554] RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:尚文産商堂 2011/09/09(金) 21:15
戦争というのが日常になりつつある世界での、ある意味非日常。その一面をのぞかせる作品だと思います。

これといって山がない作品ながら、ラストまで読み進めていくうちに、不思議と、まとまりがあると思いました。
もう少し戦闘の部分があってもいいと思いますが、それは、この作品の良い雰囲気をぶち壊してしまいかねないと考えて、おそらく作者は書かなかったのでしょう。

お疲れ様でした。

[563] RE:【辛口】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:unbelievable_kazoo 2011/09/09(金) 22:54
 日常感があふれるストーリーだなあ、と感じました。
 以下、感想です。

 SFの世界で戦争中でも彼らが住む日常は変わらない、というメッセージを作者から受け取った気がします。そんなメッセージ送ってないよ! と思われたらごめんなさい。
 ほのぼのとした和やかな雰囲気を漂わせられていて、上手だなあと思いました。このような空気を急にぶち壊して新たな展開へ、という流れもこの小説にはいらないと思います。しかし、わがままを言います、SF要素をもっと取り入れた刺激的な出来事が欲しかったです。どうしても、私の中で読後の印象が薄いというか、なんというか。

 感想は以上です。
 こういう雰囲気の小説も書けたらいいなあ、と我ながら勝手に思いました。
 では、失礼します。

[590] 【少し辛口】感想です Name:HAL.A 2011/09/11(日) 10:03
 拝読しました。

 ほろ苦く切ない感傷に包まれて読了しました。危機的な状況をラストシーンに据え、その後の結末を明かさず幕を閉じていますが、読み手の想像に託したというところでしょうか。個人的には、主人公はこのまま助からなかったのではないかと思えて、とても切ない余韻でした。

 わたしは主眼は戦争そのものというよりも、戦争に引き離されて再会できるかどうかもわからない友人たちの、その感傷にあると感じました。ので、ストーリーとして不足を感じることはなかったのですが、ただ、ぜいたくをいってもよろしければ、もう少し、人物の描写に力点が置かれていていたら、なおよかったのかなと感じました。

 といっても、くどくどと説明過多になることもなく、うまく仲間の関係と繊細な空気を生み出しておられると思います。ただ、やっぱりちょっと登場人物が多いので、読みながら頭のなかでうまく整理できませんでした(と、自分の頭の悪さを晒しつつ……)
 じつはいちばん悩んだのは、主人公の性別でした。「女性……だよなあ?? あれ、でももしかして男性?」と思いながら、何度か戻って描写を確認しながら読んでしまいました。口調は男性っぽいんだけど、一人称は「私」だし、それに竹部氏との距離感が、なんとなく異性っぽいような……と。なにか大事な描写を読み落としていたらごめんなさい(汗)

 ともあれ、楽しんで読ませていただきました。ありがとうございました! 拙い感想、どうかお許しくださいますよう。

[683] RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:岡則夫 2011/09/16(金) 19:10
 こういう、世界観の中のワンカットがモロ好み。
 説明が足りなさ加減もちょうどよく、想像の余地が増えていい。
 ……なんだろう、特に言うべきことがない。
 そうだなあ、あえて言うなら、淡々としすぎ、詰め込みすぎだろうか。
 特に内容に関してはもう少しアッサリ書いてもよかったかもしれない
 ただそれも個人の好みの範疇かと。
 いい切なさだった。


[715] RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:高松塚 あすか 2011/09/19(月) 18:28
拝読致しました。
「そこに、いるだけで特別な日になれる」本文中に出てきた、この台詞がとても似合う物語でした。
同時に「そんな偶然あるわけない」とも思ってしまいましたが(汗)
たまたま、猫を預けに行ったら特別な日になっちゃった。そして、いつかまたこんな特別な日が来るのではないかと思わせる作品。
私は、好きです。


[717] RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:イル&クラムジー 2011/09/19(月) 19:40
戦争の中にあって緩やかな日常が丁寧に描かれていたところがよかったです。
捨てられていた猫に戦争を照らし合わせて、人間の身勝手さを思ったり、マタニティ姿の五樹に戦争で死に行く人もあれば、生まれる命もあるなんて思ったり。
いろいろ考える事ができる深いお話でした。


[815] 「猫を預けに」の感想、少し辛口かも Name:キルグサ 2011/09/27(火) 23:16
「べただ」
 この作品を読み終わって最初に思ったこと。でも、だからこそ良い作品だったと思います。
 そして、仄かな温かさのある作品でした。面白かったです。

 失礼な感想かも知れませんが、以上で。お疲れ様です。

[832] RE:【RED】中辛?「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:とりしん 2011/09/29(木) 00:58
 沢山人が出てきて、とてもそれぞれが個性的なのに、彼らに付随するエピソードの展開が無くてちょっとさみしかったです。とても空気感がよくかけていて、キャラも立っているので残念でした。
 主人公が男性か女性かもわかりにくいと思いました。(女性ですよね)
 キャラを整理して、もう少しそれぞれに筋につながる動きがあれば、より噛み応えのある作品になった気がします。でも、読後感はなんかしんみりと後を引く良作でした。

[867] まず初めに(山羊ノ宮) Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 00:32
尚文産商堂:ぼち落ちますか。(06/23(木) 23:19, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
お知らせ:山羊ノ宮(Win/IE8)さんが退室しました。(06/23(木) 23:10)
山羊ノ宮:では(06/23(木) 23:10, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:お話していただいた皆様が良き夢を見られますよう。そして、お仕事がんばってください。(06/23(木) 23:10, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:お疲れ様です。(06/23(木) 23:09, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:それでは、失礼いたしました。(06/23(木) 23:09, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:駄目ですね。もうそろそろお暇します。(06/23(木) 23:09, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:私ももう眠いのか、うまくボケれません。(06/23(木) 23:09, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:ワンピース・・・ああ、過去ログ見れない(06/23(木) 23:07, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:そもそも、話がつながっている作品が多いので。(06/23(木) 23:06, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
尚文産商堂:まあ、このぐらいなら大丈夫です。(06/23(木) 23:06, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:では、もう一つ。ものすごい連載ありますけど、話しがごっちゃにならないのですか?(06/23(木) 23:05, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:題名とあらすじがないと、今回は参加できない規定になってますからね。(06/23(木) 23:03, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:だから、参加表明の前に作品書きあげてからとか考えているのですよ(06/23(木) 23:02, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:どなたかと約束したものなら、絶対に守りますね。(06/23(木) 23:02, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:私は締め切りとか苦手で(06/23(木) 23:01, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:尚文産商堂さんは締め切りとか守れる人ですか?(06/23(木) 23:01, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:いいですよー。(06/23(木) 23:00, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:じゃあ、何か質問をしてみても?(06/23(木) 22:59, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:11時半には落ちますけど、それまではいますよ。(06/23(木) 22:58, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:尚文産商堂さんは、明日大丈夫な方なのですか?(06/23(木) 22:58, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:そこにいるだけで、きっと特別になることもできるんですよ。(06/23(木) 22:56, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:特別な日・・・人が集まるだけでも特区別な日ができるのですね。(06/23(木) 22:56, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:今日は特別ですけど。(06/23(木) 22:48, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
尚文産商堂:平日はあまり来ませんからね。(06/23(木) 22:48, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:コメントがすぐ流れるかなと思ったのですが、結構居残ってました。(06/23(木) 22:47, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:ああ、あれですか。(06/23(木) 22:47, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:いいえ。チャットルームで一人で遊んでいたもので(06/23(木) 22:47, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:企画用の作品ですか?(06/23(木) 22:47, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:んー、だったら落書きするのは祭りが始まってからの方がよさそうですね。(06/23(木) 22:46, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:今はまだ少ない方です。(06/23(木) 22:45, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
尚文産商堂:10人越えとかざらになりますね。(06/23(木) 22:44, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:始まったらもっと騒がしくなるのでしょうか?(06/23(木) 22:44, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:まだ始まってもないですけどねw(06/23(木) 22:44, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:祭りの後って感じがしますね(06/23(木) 22:43, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:ですね(06/23(木) 22:43, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:あっというまに減ってしまった…(06/23(木) 22:43, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:おやすみなさいませ。(06/23(木) 22:43, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:お疲れ様です。(06/23(木) 22:43, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
お知らせ:84g(Win/IE6)さんが退室しました。(06/23(木) 22:42)
84g:というわけで、俺は眠れないけどおやすみなさいませ。 落ちます。(06/23(木) 22:42, Win/IE6, dwqJjV1a0)
お知らせ:武倉(Win/IE8)さんが退室しました。(06/23(木) 22:42)
84g:そして、実は12時から仕事が入っているという狂スケジュールな俺。(06/23(木) 22:42, Win/IE6, dwqJjV1a0)
山羊ノ宮:おやすみなさいませ(06/23(木) 22:42, Win/IE8, Qbyq9fp30)
尚文産商堂:お疲れ様です。(06/23(木) 22:42, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
武倉:僕もそろそろおちます。(06/23(木) 22:42, Win/IE8, CkfenIYz0)
84g:おやすみなさいませ。(06/23(木) 22:42, Win/IE6, dwqJjV1a0)
尚文産商堂:お疲れ様です。(06/23(木) 22:41, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
お知らせ:谷津矢車(Win/IE8)さんが退室しました。(06/23(木) 22:41)
武倉:おやすみなさい(06/23(木) 22:41, Win/IE8, CkfenIYz0)
谷津矢車:おやすみなさいませー(06/23(木) 22:41, Win/IE8, RW8evTDx0)
山羊ノ宮:おやすみなさいませ(06/23(木) 22:41, Win/IE8, Qbyq9fp30)
谷津矢車:さてすいません、おちます(06/23(木) 22:41, Win/IE8, RW8evTDx0)
84g:あ、しまった。 SF子連れ狼とかやればよかった。(06/23(木) 22:41, Win/IE6, dwqJjV1a0)
尚文産商堂:10へぇー。(06/23(木) 22:41, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
谷津矢車:子連れ狼といえば、あの乳母車の下って、銃が仕込んであります(という豆知識(06/23(木) 22:40, Win/IE8, RW8evTDx0)
山羊ノ宮:赤ん坊泣いたら、盗塁のサインとか?(06/23(木) 22:40, Win/IE8, Qbyq9fp30)
84g:子連れ狼みたいでカッコいいな。 子連れ監督。(06/23(木) 22:40, Win/IE6, dwqJjV1a0)
山羊ノ宮:女監督・・・それはそれで(06/23(木) 22:39, Win/IE8, Qbyq9fp30)
谷津矢車:言い得て妙にございます>監督(06/23(木) 22:39, Win/IE8, RW8evTDx0)
山羊ノ宮:監督っぽいイメージが(06/23(木) 22:39, Win/IE8, Qbyq9fp30)
谷津矢車:天崎女史は(06/23(木) 22:39, Win/IE8, RW8evTDx0)
山羊ノ宮:可愛いマネージャーは必須かと(06/23(木) 22:38, Win/IE8, Qbyq9fp30)
84g:だから、音波ビームとか、水流ビームとか、そういうのもアリ。 だけど水流レーザーとは言わない。(06/23(木) 22:38, Win/IE6, dwqJjV1a0)
谷津矢車:だからガンダムのアレは「ビーム」でいいんですね(06/23(木) 22:38, Win/IE8, RW8evTDx0)
武倉:あと、6人。(06/23(木) 22:38, Win/IE8, CkfenIYz0)
武倉:バッテリーとショートはOKですな。(06/23(木) 22:38, Win/IE8, CkfenIYz0)
山羊ノ宮:分かりやすい説明だ(06/23(木) 22:37, Win/IE8, Qbyq9fp30)
武倉:なるほど。(06/23(木) 22:37, Win/IE8, CkfenIYz0)
84g:ビームの中にレーザーが含まれるんじゃなかったっけ。 ショートが野手に含まれる、みたいな理屈で。(06/23(木) 22:37, Win/IE6, dwqJjV1a0)
山羊ノ宮:レーザーメスなら言葉があるけど(06/23(木) 22:36, Win/IE8, Qbyq9fp30)
山羊ノ宮:レーザーサーベル?(06/23(木) 22:36, Win/IE8, Qbyq9fp30)
84g:ガンダムのアレは、確かミノフスキー粒子がナニすると格子状になるから、その熱で切る、って理論だった気がする。(06/23(木) 22:36, Win/IE6, dwqJjV1a0)
尚文産商堂:そっちじゃねえww(06/23(木) 22:35, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
山羊ノ宮:バッテリーか・・・ピッチャーとキャッチャーをとにかくたくさん集めてだな・・・(06/23(木) 22:35, Win/IE8, Qbyq9fp30)
84g:だから有線のビームサーベルで、長さ30キロ、とかやったら面白いかもしれない。(06/23(木) 22:34, Win/IE6, dwqJjV1a0)
武倉:ビームとレーザーって違うんスよね。アホな質問ですいませんが。(06/23(木) 22:34, Win/IE8, CkfenIYz0)
谷津矢車:ビームサーベルのビームはさておいて、通常のビームは光が収束したモノなので(06/23(木) 22:34, Win/IE8, RW8evTDx0)
尚文産商堂:どこまでもできますよ。(06/23(木) 22:34, Win/Firefox4.x, NnPOjmej0)
84g:伸ばせば伸ばすほど、バッテリーを多く使う気がする。(06/23(木) 22:33, Win/IE6, dwqJjV1a0)
山羊ノ宮:伸ばそうと思ったら、ビームってどこまで伸びるんでしょうね?(06/23(木) 22:33, Win/IE8, Qbyq9fp30)
84g:薩摩拵(06/23(木) 22:33, Win/IE6, dwqJjV1a0)
84g:気付いたら、惨敗した去年とやってることが大して変わってない不思議。>(06/23(木) 22:33, Win/IE6, dwqJjV1a0)
谷津矢車:そして最後には薩摩拵のビームサーベルですね、分かります


それは私がシュヴァルツ・カッツェの名を語り、チャットルームを出入りしていた時の話。
この時聞いた武倉さんと尚文産堂さんの名前の由来。
そんなとこからこのお話は出来ました。
内輪ネタ?
けれど、ちゃんと一見さんにも見れるよう工夫したつもりでした。
あまりうまくいかなかったようですが。
このお話にテーマがあるとしたら、一期一会。
この場所で会えた人、全てに感謝。
それがたとえ一瞬の出会いだとしても、些細なきっかけだとしても、きっとこの特別な時間は私には宝なのです。
そんなこんなで、拙い返信していきます。
すみません。

[868] 返信:【辛口】世界観と人間の関わり Name:戯独堂 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 00:37
多分やはり人は変わらないのじゃないかなぁ。未来でも。
でも、だからと言ってあまりにSF成分が少なすぎたようです。
一応最後のシーンはSF成分補充用に書いたのだけれど、まだ足りないようです。
仲間の登場シーンで、もっとそんなのが出せれば、よかったなと思いました。
感想、ありがとうございました。

[869] 返信: 感想入れさせて頂きます Name:魔法の曖乱堂 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 00:41
編集長に怒られませんでしたか?
それだけが心配です。
惜しい、そうか、惜しいのかぁ。
と、何度も頭をひねりました。
自分でも足りないものの自覚はあるのですが、どうも手を伸ばしてもなかなか手が届きません。
感想、ありがとうございました。

[871] 返信:【辛口】「猫を預けに」 Name:藤咲一 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 01:00
誤字の指摘、ありがとうございます。
なんでこう誤字が多いんだか。
すみません。
物足りなかったのか、ならもっと思いっきりにやってやらなくてはと、二作目に続く訳です。
そして、方向性がおかしな方向に。
感想、ありがとうございました。

[873] 返信: RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:泰然寺 寂 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 01:15
猫助、あまり活躍しませんでしたね。
招き猫ということで、読者獲得に一役買っていたようですが。
主人公の心情ですか。
この場面で主人公にやたらスポットライトが当たるのを嫌ったからでしょうね。
私の心情を別にするなら、作品的にはもっと主人公を深く描くべきだったのかとも思います。
感想、ありがとうございました。

[874] 返信:【辛口】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:84g Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 01:27
褒めすぎですね。
上手くないですよ、私は。
上手い作家さんはこういう雰囲気の作品でも面白いと思わせる何かがあるわけです。
それがないということは、私は上手くないということ。
その何かを探して、まあ、色々もがく訳です。
感想、ありがとうございました。

[875] 返信:らしい作品、ではある Name:栖坂月 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 01:41
欲張りすぎましたか。
やはりな。
でも、せっかく企画に参加するのだから色々したいじゃん。(とか言ってみる)
私らしさというものを構築しつつ、それを壊したいという感情もあるのです。
こういった、ある意味でらしくない作品はそういったものの表れかもしれません。
感想、ありがとうございました。

[876] 返信: 【辛口】感想 Name:伊予丸 研 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 02:14
感想殺しだ、とか言いながらきっちり感想残してくれる伊予丸さんの律義さに感服いたします。
機会があれば、今度は何か残せるよう頑張ります。
感想、ありがとうございました。

[884] 返信:【辛口】タイトルにしたのだったら Name:阿住悠亮 Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 15:11
ネコスキーの皆様には大変がっかりさせてしまったのですね。
すみません。
立っているのか座っているのか、どんなロビーか、時代はいつか。
説明頑張っているうちに物語が流れて行ってしまいそうで怖かったりします。
恐らく私は説明する時の間の取り方がいまいち分かっていないのだと思います。
こう、あうあうしているうちに話が流れて行ってしまっているような。
分かりにくいなぁ。
すみません。
こういう説明下手な感じが駄目なのだろうな。
感想、ありがとうございました。

[886] 返信:【辛口】感想ひと言ちょいです  Name:饅頭は馬にのる Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 20:06
主人公の挫折の理由かぁ。
才覚がない故に諦めた。
そんな一文があればよかったのかな。
何故その一文が主人公の独白で出てこなかったのか。
おそらく竹部に対する劣等感なのだろうかな。
けれど、それは読み手に伝える事を放棄していて、だめなことなのだろう。
私はあまり読み手を信頼してないのかなとも思ったのでした。
感想、ありがとうございました。

[887] 返信: 【辛口】もっともふもふを Name:ロメル Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 20:27
もふもふ。
やわらかな毛を逆撫でると、私は愛猫を抱え込む。
鼻をちろりと舐めるので、くすぐったいと頬ずりをした。
我が愛猫はもう好きにしてくれと、抵抗を止め、私の愛撫に腹を向けてだらりと白旗を上げる。
「くちゃいでしゅねー」
肉球をぷにぷにしながら、臭いを嗅ぐと独特の臭いに私は思わず感想を漏らした。
「ふみゅあーん」
おいおい、勘弁してくれよ。
これでもきれい好きなんだぜと、抗議の声が返ってくる。
抗議は受け付けられません。
罰として、私は容赦なく愛猫を撫で続けた。
「あっ」
せつない声が私から発せられた。
我が愛猫はするりと私の腕から抜ける。
そして、一度振り帰り、すたすたと歩いて行った。

[888] 返信:面白かったにゃん! Name:ネコにゃん Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 20:34
まさか赤でこんな感想をもらえるとは思わなかったので、驚くとともに癒されたのでした。
感想、ありがとうなのにゃん。

[889] 返信: 【辛口】【RED】「猫を預けに」Name:Mr.あいう Name:山羊ノ宮 2011/10/01(土) 20:58
SFとして。
その言葉がミソのように思えました。
SFなら、こう。
そういうのがあるのでしょうね。
そして、私はそれが分かっていなかった。
だから、こういう作品になってしまったのだと思います。
感想、ありがとうございました。

[911] 返信:RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:尚文産商堂 Name:山羊ノ宮 2011/10/02(日) 01:44
恐らく魅せるのだとしたら、主人公は整備士ではなくパイロットを選んだのだと思う。
その方が華があるし、山も出来るのだと思う。
まず主人公整備士って、ところから突っ込みなのかな。と思うのでした。
感想、ありがとうございました。

[912] 返信:RE:【辛口】「猫を預けに」 Name:unbelievable_kazoo Name:山羊ノ宮 2011/10/02(日) 02:01
刺激。
やはり刺激か。
そんなに刺激がほしいのか。
いやぁん、えっちぃ。とかふざけてると怒られそうなので、普通に意見を踏まえて反省したいと思います。
感想、ありがとうございました。

[936] 返信:【少し辛口】感想です Name:HAL.A Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 21:12
主人公の性別。
初めのプロットの段階では、主人公は男性でした。
けれど、書き始めたら女性になってしましました。
いえ、別に主人公が男性でもそれはそれで面白いかもとか、私は思ってしまうのですが。
でも、そうするとBLのタグ張らないといけなくなるかぁ。
そういう訳で、一応女性ということにしておいてください。
感想、ありがとうございました。

[938] 返信:RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:岡則夫 Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 21:15
お口に合ったようで、なによりです。
そうですね、好みというのは本当に人それぞれで、書き手には悩みの種であったりします。
それでも、自分の書きたいものを書くしかないのだと、また悩んで悩んでクルクル同じ場所を回るのです。
いい加減学習したらいいと思うのです。
私よ。
感想、ありがとうございました。

[939] 返信:RE:【RED】「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:高松塚 あすか Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 21:22
好きだと言われると、非常に照れます。
いや、別に私に告白されている訳ではないのだから、それほど照れる事でもないのかもしれません。
でも、照れます。
すみません。
頭がおかしいのです。
気にしないでください。
感想、ありがとうございました。

[941] 返信:RE:【RED】「猫を預けに」 Name:イル&クラムジー Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 21:46
私の趣味ですが、思考できる作品って好きなのです。
このお話が何かを考えられる作品であったのなら、これほど嬉しい事はないのです。
私の中にある欠片が合わさり、形をなす。
欠片の歪みを覗き見れば、芽吹く枝葉は大樹となり、読者の中で花を咲かす。
そんな風になれば、と夢想するのです。
どうにも儚い夢でありましょう。
感想、ありがとうございました。

[942] 返信:「猫を預けに」の感想、少し辛口かも Name:キルグサ Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 21:55
べたかぁ。
とりあえず指定された場所を塗りつぶさなければいけないですね。
ああ、そっちじゃない。
すみません。
楽しんでもらえたなら、べただろうが、ホワイトだろうが、集中線だろうが、何ら問題はないのです。
Gペンで頑張れと。
そういうことですね。
分かります。
とりあえずインクを倒しさえしなければ・・
あれ?
やっぱりそっちじゃない?
すみません。
ふざけました。
御不快にならなければよいのですが。
感想、ありがとうございました。

[943] 返信:RE:【RED】中辛?「猫を預けに」山羊ノ宮 Name:とりしん Name:山羊ノ宮 2011/10/03(月) 22:05
もし長くするとしたら、この話の前に三つぐらい話を書かなければいけないですかね?
倉田夫妻・竹部・主人公(名前付けないといけなくなるなぁ)と有紀。
木星行きを決めるまでの話。
ジャーナリズムと一人の人間としての葛藤。
軍人たるは何か。
今考えただけですけど。
ホント足りないものばかりで、すみません。
感想、ありがとうございました。


  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace